中期投資とは何か

fsmd788re 一度ポジションをとった通貨を、例えば数ヶ月から数年に渡るような長い期間手放さずに保有し続ける事を長期投資と呼びます。どの位の期間ポジションを保つと、長期投資と呼ぶのかというと、一般的には半年以上保有し続ければ長期投資と認識されるようです。しかし、これには何ヶ月、何年以上という厳密な決まりはありません。ただし、数日間で手放すようなケースでは長期投資と呼ぶ事は出来ません。この長期投資で利益を生み出すためには、ファンダメンタルズ分析を行う事が必要不可欠になります。

ファンダメンタルズ分析とは、短期投資では殆ど使われる事のない分析方法のため、今まであまりファンダメンタルズ分析を活用した事のない人も多いでしょう。しかし、長期投資を行うならファンダメンタルズ分析を抑えておきましょう。

ファンダメンタルズ分析とは、投資する国の世界情勢や経済状況などから、これから先の為替相場を予測していく方法です。長期投資では、長期トレンドを予測する事で、今後のリスクを減らし、いかにリターンを得られるのかを考えて投資していきます。

また、利益をあげる手段として押さえておきたいのが、スワップ金利です。スワップ金利に対する詳しい説明はここでは省略しますが、長期的な投資をするならスワップ金利の軽視は出来ません。

スワップ金利は、利益を増やすだけてはなく、投資している通貨の価値が下がった場合でもその損失を補いリスクを低減してくれるというメリットもあるのです。

相場変動による通貨価値が上昇していくかどうかも大切ですが、スワップ金利により短期や中期の取引よりも落ち着いて投資をする事が可能でしょう。

中期投資について

中期投資は、長期よりも短く短期よりも長い期間同じ通貨を保有する事です。中期投資は、大体数週間ほど通貨を保有し続ける事を指しますが、長期投資と同じように期間に明確な定めはありません。

中期投資で生み出される利益のメインは為替差益ですが、数週間などの比較的長期に通貨を保有すると長期投資のようにスワップ金利でも利益を生み出す事が可能となります。

しかし、中期投資では長期投資ほど長く相場変動を見守り続ける訳ではありませんから、しっかりとしたロスカットを自分なりに決めておく必要があるのです。また相場を頻繁チェックを行えないような方には、特に人気があります。

出処: 【YBINARY.ORG】